Service

一般歯科

みゆき歯科クリニックでは、削らずに済むもの、抜かなくて良いものは出来るだけそのまま保つことを心がけています。また、むし歯の早期発見・早期治療はもちろんのこと、未病の段階で発見し、それ以上進行させないよう予防歯科にも力を注いでいます。是非、定期検診もお受けください。

できるだけ歯を残すむし歯治療。

むし歯になっても痛くないからと放置しておくと、神経組織のある根の管(根管)に口内のばい菌が入り込んで増殖し、 歯の根の先のあごの骨を溶かしてしまい、根尖病巣こんせんびょうそうみの袋)ができます。この状態で放っておくと 自然治癒は見込めないばかりか、全身にまで影響がおよび病気の原因となる事もあります。
この場合、歯内療法という根の管の治療が必要となります。 歯内療法とは、根管のばい菌を綿密に除去(洗浄)して、そこに再びばい菌が浸食してこないための詰め物をします。 その結果、ばい菌による化膿かのう袋や炎症(根尖病巣)が時間と共に自然に消滅し、元の健全な状態に戻していく治療法です。
このように、当院では精密検査による診査・診断に基づき、できる限り歯を残す治療を心がけています。

歯を失わないための歯周病治療。

歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌(細菌)に感染し、歯茎(歯肉)が腫れたり、出血したりすることで疲弊し、 最終的には歯が抜けてしまう事になる恐ろしい病気です。 歯周病は、日本人が歯を失う最も大きな原因であるとも言われており、 初期段階では自覚症状がほとんどないため気付いていない方が多いですが、 日本人の成人の約80%が歯周病(歯肉炎・歯周炎)に罹患りかんしているという統計もあります。

当院では、歯周病の進行程度に応じて適切に治療し症状を改善してまいります。
通常のブラッシングでは取れないバイオフィルムという 細菌のかたまりを専用の器具で除去したり、歯垢の再付着を防ぐ処置を行ったりすることで、歯周病の症状を改善・予防します。 重度の歯周病になると、歯周外科治療が必要になる場合もあります。日々のブラッシングや定期健診で歯周病予防を心がけましょう。
みゆき歯科クリニック 電話番号
みゆき歯科クリニック インターネット予約
初診の方は、カルテ作成にお時間をいただきますので、診療予約時刻の15分前までにご来院ください